看護師転職-看護師で英語力を活かせる職場とは

英語のスキルがある場合、仕事でもそれを活かしたいですよね。 看護師の職場の中にも英語が生かせる職場はあります。

例えば、海外へも進出している企業の医務室を選択するのも良いでしょう。 こちらは産業看護師とも呼ばれます。

それから外資系の医療機器メーカーでもフィールドナースを募集しているので基本的にこの二つのうちどちらかを選択することになるのではないでしょうか。

他には外国人が多い地域だと一般的な病院でも英語のスキルを身につけている看護師を積極的に採用しています。

フィールドナースを目指す場合、経験と知識がある方でなければ採用してもらえません。 そのため、医療機器メーカーで働きたいと思っているのであれば看護師としての臨床経験を増やす必要があるのです。

また、募集情報の中にはどういった職場で何年以上働いていなければならないのか具体的に指定しているところもあります。 例えば、手術室の看護師として3年以上働いた経験がある方限定の求人情報などもあるのです。

英語力に関しても具体的なレベルを提示する必要があるため、「TOEIC700点以上」というように条件が定められているところもあります。

簡単な英語なら話せるという程度では英語を武器に職場を決めることは難しくなってしまうでしょう。 そういった場合にはさらに英語力が磨けるように教室などに通うのも良いですね。

中にはそれほど高い英語力を必要としないところもあります。 そういったところでもコミュニケーション能力や行動力は求められるため、英語力以外の部分でも自分をアピールしていきましょう。

英語についてこれから学んでいく意思がある、初級者ではなく中級者レベルの実力があるということであれば採用してもらえる求人も多くあります。

英語力を必須としているような職場では報告書の作成や電話対応などでも英語を使うことが多いです。 ビジネスレベルでの英語力を身につけ、様々な職場で活躍してみてはどうでしょうか。

企業の看護師として働くメリット・デメリットは?

看護師の職場はいろいろありますが、企業で働くことを検討している方もいるはず。 ですが、企業で働く場合と病院で働く場合にはいくつかの違いがあります。 そこで、企業で働くことのメリットやデメリットについてご紹介しましょう。

こういったポイントを知っておくと自分には本当に企業での仕事が向いているのか判断する基準にもなります。

病院で働いている看護師が企業への転職を検討する場合、病院での勤務は時間が不規則で体力を必要とするということを理由に挙げることが多いようです。

夜勤などがあるとどうしても休みの日は一日寝て過ごすことになってしまったり、きついと感じることがありますよね。 就職しやすいのが魅力の病院ではありますが、人間関係に悩まされてしまう方も多く、悩みを抱えている方もたくさんいます。

企業で働くメリットは夜勤がないということ。 これに大きな魅力を感じて病院から転職をする方も多いです。

それだけでなく、残業はほとんどなく、時間も規則的になっています。 夜勤を担当することで体力の限界を感じていたり、ストレスを感じている方は企業の方が働きやすいかもしれませんね。

それに、病院では給料が固定されていることも多いのですが、企業では実力に応じて収入のアップが目指せます。 頑張れば頑張った分だけ評価される職場で働きたいと思っている方も企業がおすすめです。

ただ、デメリットもあります。 特に大きなデメリットとして考えられるのが、患者さんと触れ合う機会が減ってしまうということ。 それまでの患者さんと直接触れ合ってきた方からすると物足りなさを感じてしまうことがあるかもしれません。

それに医療行為をすることも減るため、企業から病院に戻るのが難しくなってしまいます。

現在病院で働いていて企業への転職を検討しているという方はこのようなメリットとデメリットをチェックした上でもう一度考えてみましょう。

企業で働く場合もそれまで看護師として培ってきた知識や技術が役立つため、ある程度病院で経験を積んだ方でなければ務まらないことが多いです。

企業の看護師を目指すならパソコンスキルを磨こう

看護師の求人情報が出ているのは病院などの医療機関だけではありません。 企業からも看護師の求人が出ているのです。

ただ、企業の看護師として働きたい場合、基本的なパソコンのスキルが必要になります。 医療機関の求人でもパソコンのスキルを必須としているところはありますが、そうではないところもありますよね。 ですが、企業で働く場合にはパソコンができないと厳しいです。

例えば、一般企業の医務室で働くことになった場合、社員の健康管理などをデータ化して管理することになります。 ただ、パソコンを使った業務があるといってもそれほど高い技術が必要になるわけではありません。

多くの求人情報では基本的な操作ができれば問題ないとしているところが多いため、パソコンに全く触れたことがないという方は簡単なパソコン教室などに通ってみるのも良いでしょう。

パソコンのスキルをどれくらい重視しているかというのは企業によって違います。 注意しなければならないこととして、面接などで「パソコンは使えますか?」と聞かれた時にただ「はい」というだけでは印象が弱いですよね。

具体的にどういった操作ができるのか説明するのも良いのですが、パソコンに関する資格を持っているとその資格を伝えるだけで簡単に記述や知識が証明できます。

例えば、MOSという資格を持っていると業務に必要になることが多いワードやエクセル、パワーポイントなどの操作に関する知識を持っていることが証明されるため、可能であればMOS資格の取得を目指してみましょう。

もちろん、看護師としての知識や経験が重視される職場もあるため、あまりパソコンが使えないからといって必ずしも不利になるというわけではありません。

ですが、条件の良い職場などでは就職希望者もたくさん集まるため、ライバルと差をつけるための一つのアピールポイントとしてパソコン関係の資格を取得するのも良いでしょう。

特にあまり経験が豊富ではない場合、そのようなポイントでアピールしていくことが重要になります。

企業のコールセンターで看護師として働く

コールセンターの仕事でも看護師を募集しています。 すべてのコールセンターで看護師を募集しているわけではないので、こういった仕事を探そうと思っているのであれば看護専門の求人サイトなどを利用すると良いでしょう。

主な仕事は電話での相談や質問に対し、的確な返答をするということ。 直接相手を目の前にする仕事ではないため、想像も働かせながらアドバイスをしなければなりません。

当然ながら看護師としての高い知識が必要となります。 そのため、臨床経験がほとんどないという方は難しいでしょう。

企業のコールセンターで看護師を募集している場合、5年以上の臨床経験を積んでいなければ採用してもらえないケースもあります。 他にも様々な条件をつけているところが多いので、自分でも応募可能かよく確認した上で応募しなければなりません。

求人情報はハローワークや求人情報誌でも見つけることができるのですが、数は非常に少ないです。 また、募集地域も限られていることが多いため、条件に合うものを見つけるのは難しくなってしまうでしょう。

やはり看護師専門の求人情報サイトを使った方が情報も集めやすいです。 コールセンターでの仕事は期間や時間がはっきり決められていることが多いため、ダブルワークや副業としても働きやすいと言えます。

中には夜勤扱いの職場もありますが、日中働くのに比べると高い収入が期待できるため、効率よく短時間で稼ぎたいと思っている方は夜勤を選択するのも良いでしょう。

電話をかけてくるのは様々な悩みを抱えている方なので、そういった方をサポートしてあげる仕事ということもあり、非常にやりがいが感じられる方が多いようです。

座り仕事となるため体力のない方でも安心ですが、向いているかどうかというのは実際に働いてみないとわかりません。

人と話すのが苦手な方などには向かないでしょう。 こまめに休憩も入るはずなので、休み時間をうまく利用しながらストレスを溜め込まないように働ける方が向いています。

このページの先頭へ